« 新制度!住宅のゼロ・エネルギー化推進事業の補助金 | トップページ | 三十路のスタートはハードラック »

初めての川場スキー場

20代最後の日に今年2回目のスノーボードに行ってきました

夏と秋は川や海で釣り、冬は山でスノボー

唯一春は酷い花粉で自宅から一歩も出られず…

スノボーは高校生の頃に流行ってなんとなく始めたのですが、

普段の日常では体験出来ない、バイクよりも生身で体感出来るスピードと、山頂の臨場感、冷気で美味いメンソールの煙草…

最高ですか?ええ。最高です

通算で何回行っているかは覚えていませんが、

毎度誰かが車を出し、野郎らで運転を変わりながら行ってました。

1回行くのには、交通費2万円弱÷人数+リフト代約5000円位かかります

今回はお世話になっている先輩の紹介で初のバスツアーに参加しました。

朝に船橋駅発で北関東のゲレンデに6時間滞在し、リフト券付きでなんと6000円前後です

金額も安いのですが、なによりもヘトヘトに疲れた帰りに気合い入れて眠眠打破を飲まずに帰れるが重宝します。

何故今までバスで行くことを知らなかったのだろう…

そもそも田舎なので移動手段に「バス」とゆう選択肢が頭にありませんでした。

バスツアーの事をを教えてもらった夜は、あまりのカルチャーショックにメールを二度見しました

今回ツアーで選んだのはパウダースノーの聖地と呼ばれる川場スキー場です

過去に行った記憶があいまいですが多分初めてです。

コンディションは最高のふかふかなパウダースノー

しかし写真では伝えられないほどの寒さ&シビアな吹雪です

120212_1336_01 

ちょっと手袋を脱いだら瞬時に手袋がカチカチに凍りついて指が入りません…

ホームにしているハンターマウンテン塩原はあまり雪が無く、分厚いパウダースノーには慣れていませんでしたが、ふっかふかで気持ちいい半面、足腰に負担が掛りすぐにバテてしまいました

毎年自分の体重が嫌になるのですが、食欲には心底貪欲なので諦めがつきます。

ゲレンデの中腹にある驚くほど大きなドーム型レストランに寄ると

120212_1333_01

内部は木材関係者が見たらウナる作りです。

米松集成材、大梁でR型、からの~もの凄い長尺。

明らかな特注で1本あたり20万円は固いでしょう

国内でこれを製作できるメーカーはそうはいません。

半端ない、いや、パネェ作りに癒されました

寒い日が続いてますが季節を楽しみながら、春までがんばりましょう

|

« 新制度!住宅のゼロ・エネルギー化推進事業の補助金 | トップページ | 三十路のスタートはハードラック »

コメント

昨日は有難うございました m(_ _)m
自分は、17歳~20歳まで冬になると草津のスキー場へアルバイトへ行っており、もちろん雪山好きの為、こちらに初コメしてしまいました!!
又、お邪魔いたしますm(_ _)m

投稿: masakazu tanabe | 2012年4月19日 (木) 13時12分

こちらこそ波乱な熱いお話しをありがとうございました。
雪山でバイトですか?なんかオシャレっすね
運動神経が良いからやっぱりスキーの腕も一流…

投稿: masahide | 2012年4月20日 (金) 08時24分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 初めての川場スキー場:

« 新制度!住宅のゼロ・エネルギー化推進事業の補助金 | トップページ | 三十路のスタートはハードラック »